ワキ臭を悪化させる食べ物ってあるの?

 

ワキ臭は体質によるものが大きく、生まれつきワキの臭いの強い体質の人とそうでない人に分かれることが多くあります。

 

ワキ臭は遺伝することが多く、両親のワキ臭が強い場合、子どもにもワキの臭いが遺伝する可能性が高いとされています。

 

ワキの臭いが強くなる原因としては脇汗の量が多い、アポクリン腺というワキガの原因ともなる独特の臭いの汗を出す汗腺の粒が大きく数が多い、といったものがあり、それらの対処としては医師による処置を受けるなどの方法が適切なものになります。しかし、ワキの臭いが体質によるものではなく、生活習慣によるものであった場合、自身による改善が可能になります。

 

生活習慣のなかでも、特に食べ物に気を使うことはワキの臭いを抑えることへの一歩であり、ワキの臭いを強くする食べ物をチェックし、ひかえることで、ワキ臭は改善される可能性があります。

 

ワキ臭を強くする食べ物としては、動物性たんぱく質、または油っこい食事などが考えられます。

 

肉などの動物性たんぱく質は体臭を強くする作用があり、日常的に多く食べることで体臭が強くなり、ワキの臭いも必然的に強くなることが考えられます。
そのため、ワキの臭いの気になる人は野菜や穀物を中心にするなどの処置が必要になってきます。